俺の蔵 〜オレクラ日記〜

プロレスファン新時代宣言!
ノア、ドラゲー、全日本、熱いプロレスにはワケがある!
コメント、トラックバックどんどんください!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH The First Navigation ’06 1.22日本武道館大会
PRO-WRESTLING NOAH The First Navigation ’06 1.22日本武道館大会 (JUGEMレビュー »)

KENTA対丸藤はついにここまでの究極名勝負に。
ヘビー級による最高峰の戦いのブランドは四天王であったか、この二人の戦いはその領域にまで。
「ジュニアでもヘビーに負けない!」熱い戦いを見よ。
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版
PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版 (JUGEMレビュー »)

あの空前絶後のノアドーム大会の二枚組DVDに。
セミファイナルの小橋対健介はDVDならではの「実況なし」モードで見て欲しい!
RECOMMEND
Does This Look Infected? [Bonus DVD]
Does This Look Infected? [Bonus DVD] (JUGEMレビュー »)
Sum 41
潮崎のテーマ「MY Direction」収録
RECOMMEND
Corazon Latino
Corazon Latino (JUGEMレビュー »)
David Bisbal
リッキー・マルビンのテーマ曲
「Ave Maria」収録
RECOMMEND
Kamikaze
Kamikaze (JUGEMレビュー »)
Twista
KENTAのテーマ曲「Art and Life」収録
RECOMMEND
A Passage in Time
A Passage in Time (JUGEMレビュー »)
Authority Zero
力皇のテーマ曲「Passage in Time」
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
いまこそ最高の団体として
すっかりブログ更新の意欲も失せてしまい、2ヶ月に一度の投稿ですね。

原因はわくわくするようなカード不足。
単純にそれだけなんです。

ヘビーは秋山・力皇が結成されて内部活性化するかと思いきや、RO&Dがきたりとなんだか方向がずれている。

シングルのほうは三沢王者の試合が単純につまらない。
エルボー、エルボー、エメフロ微妙に失敗、みたいなんばっかり。

しかも、社長だからなのか、攻めがみんなあまい。

バイソンだって、もっと小橋には果敢にせめていた。

それに危機感を感じて、KENTAが次期シリーズのジュニアのタッグリーグを提案。

ジュニアタッグと言えば、かつて名勝負をばんばん行っていたわけで。
これは見る価値がでてくる。

「熱い、いい試合がみたい。」という至極単純なニーズを満たしていなかったわけで。

おそらく、このジュニアタッグリーグは成功に終わると思う。
ノアジュニア最高!!
ってなると思う。

そうすると次の矛先は社長、秋山などの上の層のヘビーになってくる。
再度、階級、年令の壁を突破しようという動きともいえるわけだ。

ノアはプロレスのすばらしさを伝える団体だと個人的には思っている。
もう一度、プロレスのすごさ、楽しさ、おもしろさでみんなを感動させまくってほしいと思う。
| わたまん | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) |
三沢対佐野のGHCって・・・
今度の武道館のメインはこれです。

三沢対佐野。
どちらも40歳を超えてるどちらかというと技巧派のレスラーによる団体最強を決めるタイトルマッチです。
セミファイナルには秋山・力皇対高山・杉浦というごつごつしたタッグマッチがみれるが、やはりその興業を締めるメインがいい試合でないとという思いが自分にはある。

現在、佐野は腹部へのローリングソバットとフットスタンプという腹へのえぐさから、とうとう顔面ソバットという究極の段階にまで突入。
しかも、誰がくらっても一撃必倒というとんでもないわざ。

これはいよいよ三沢危うしという感じなのですが、案外、あっさり防衛してしまうような気もする。
しかし、「あっさり」というところがポイント。
佐野は少し打たれ弱いようなところがある。

試合後半にはタイトルマッチ特有のいよいよここからという盛り上がりでどれだけ力をだせるかがポイントなわけで、いまの二人にはたぶんその力はないでしょう。

佐野戴冠となるとその後、どのような展開がまっているかもわかりません。

だれが勝つにせよ、バイソンあたりがベルトをかってに強奪するというのもいいかもしれない。

佐野は意外といまが全盛なのかもしれないが、三沢さんはもうちょっとつらいな。
魂みたいなものを全レスラーに感じさせて勇退してほしいと思うところです。
| わたまん | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラゲーと本格開戦でドキドキ!
二月シリーズが開幕。
いろいろと見所が多く、あたらしい動きがあり、新鮮で楽しめた。

以下、気になったところを。

第一試合から白GHCのタッグトーナメントで潮崎・谷口対橋・青木が好試合。
新人が多いのでだれるかとおもいきやフレッシュなファイトはとても見ててうれしくなった。潮崎と谷口はお互い黒いショートタイツにガウンも黒いものを互いに着てタッグチームらしさをアピール。

そして、青木が薄い水色のロングタイツ。
見慣れないなあ、と思って、試合をずっと見てると、青木のきびきびとして力強い動きになんかデジャブ。
そうだ、ダイナマイトキッドだ!!
青木、いいなあ。確かに気の強さやカラダの大きさなどキッドに似てる。
キッドのポジションってプロレス界では空いてたかも。
ばりばりやってGHC挑戦まで一気にいってほしくなった。

この試合、みんながんばっててよかったよ。
橋もがんばってた。もっと先輩っぽい格をだしてほしかったけど、まあ、それは仕方ないか。こういうシリアスな舞台をどんどん踏んでいけば変わっていけるでしょ。

そして、ドラゲー参戦ですよ。
ハルクのダンスで華やかに開幕。
女性ダンサーの4人を従えて、ノアのマットで踊りまくり。
ちょっと長いなあ、とおもったんだけど、ハルクがやっぱさまになるわけで。
美形は得だな。楽しい

継続参戦ぜひしてほしい。。
ROHとの合同興業をノアとドラゲーが協賛するわけで、そのあたりから交流が本格化するのでは。

交流モードもいいけど、KENTAの様子などを見てると、バチバチの対抗戦モードのほうがやっぱり燃えますな。
それがうまくミックスされたハイクオリティなプロレスがみたい。

| わたまん | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) |
アメリカの団体ROHへの期待感
今年7月にアメリカの団体ROH(Ring of Honor)が日本で興業を行うことが決定された。
ディファ有明でおこなう大会ではノアが協賛、大阪大会では、ドラゴンゲートが協賛して行われる。

このROHの団体としてのカラーはWWEと対極にあるスタイル、ハードヒット、試合内容ありきのスタイルである。
これまでに、ノアの選手と対戦経験があるブライアン・ダニエルソン(対KENTA)、ブリスコ兄弟(対丸藤・KENTA、対鼓太郎・マルビン)やサモアジョー(対小橋建太)が来日する。
結構、ノアの選手ともうまくかみ合った非常にハイレベルの攻防をみせてくれる。
先日のブリスコ兄弟は正直、「こいつらめちゃつよいし、うまい」と鼓太郎・マルビンよりも応援してしまったくらいだ。

ドラゲーのほうにはジャックエバンスという空中技が得意な選手が来日したりしているらしい。

いずれにせよ、WWEは完全輸入物という感じだったけど、こうやって、日米がともに交流できるという姿勢はさらにいいものを生み出す上で重要ではないかな。

プロレスは基本的に言葉はいらない、カラダ一つで観客を沸かせることができるものなので、互いに交流することで、いいレスラーがどんどん増えてくるようにも思う。

ノアとドラゲーが接近しているのも素直にうれしい。

ノアにとって、脅威となるくらいROHが成長してもらえるとかなりいいな。

三沢が苦しい防衛戦をつづけるようなら、正直ROHにGHC流失してもいいんじゃないかな。
| わたまん | NOAH | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>