俺の蔵 〜オレクラ日記〜

プロレスファン新時代宣言!
ノア、ドラゲー、全日本、熱いプロレスにはワケがある!
コメント、トラックバックどんどんください!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH The First Navigation ’06 1.22日本武道館大会
PRO-WRESTLING NOAH The First Navigation ’06 1.22日本武道館大会 (JUGEMレビュー »)

KENTA対丸藤はついにここまでの究極名勝負に。
ヘビー級による最高峰の戦いのブランドは四天王であったか、この二人の戦いはその領域にまで。
「ジュニアでもヘビーに負けない!」熱い戦いを見よ。
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版
PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版 (JUGEMレビュー »)

あの空前絶後のノアドーム大会の二枚組DVDに。
セミファイナルの小橋対健介はDVDならではの「実況なし」モードで見て欲しい!
RECOMMEND
Does This Look Infected? [Bonus DVD]
Does This Look Infected? [Bonus DVD] (JUGEMレビュー »)
Sum 41
潮崎のテーマ「MY Direction」収録
RECOMMEND
Corazon Latino
Corazon Latino (JUGEMレビュー »)
David Bisbal
リッキー・マルビンのテーマ曲
「Ave Maria」収録
RECOMMEND
Kamikaze
Kamikaze (JUGEMレビュー »)
Twista
KENTAのテーマ曲「Art and Life」収録
RECOMMEND
A Passage in Time
A Passage in Time (JUGEMレビュー »)
Authority Zero
力皇のテーマ曲「Passage in Time」
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
川田 in G1
川田のG1が終わった。
ベスト4までいったのはさすが。

準決勝の藤田戦はだいぶ激戦の疲労が見えていました。
しかし、真っ向勝負の戦いは見事。
最後は膝蹴りをアゴの正面から食らって、目をひん剥いて倒れたのは正直危なすぎ。川田がいくら食らうっていっても、そんな死ぬような蹴りしたら引くわ・・・。
藤田強いのはわかったけど。
なんでこんなに彼の試合にはカタルシスがないのか・・・。

予選の試合をいくつか流していたが、鈴木みのる戦は非常によかった。
意地を張り合う、張り手合戦、ナックル合戦。
ヒールホールドをかけられても舌を出して返す川田、しつこくスリーパーの鈴木、とにかく、技という技は少なかったが、感情、表情で魅せてやり合うこの二人の試合はスイングしていた。
みのるは小橋戦よりこっちのほうがよかったな。

フィニッシュのデンジャラスキックはほんと首が折れんばかりに放ったもの。
それでも、みのるは川田に握手を求めた。
フラフラの川田はセコンドを退け、みのるに張り手。
みのるも張り手、二度三度また張り手をしたあと、抱き合い、握手する二人。
握手を求めるみのるなんて、見たことないけど、やはりそれだけ感じるものがあったんだろうな。

| わたまん | デンジャラスK | comments(0) | trackbacks(0) |
川田利明がPRIDE男祭りにでるのか?!
川田の「男祭り」参戦が浮上(スポナビ)

川田がフリーになってからほんとにすごい。
こんどは年末の男祭りにでるらしい。

榊原社長は「レスリング技術に加え、伝わってくる情報では、キックの威力もある」と格闘家としての総合的な能力も高く評価。今年、42歳を迎える年齢にも「気にならない」とし「強いという幻想を抱かせてくれるトップレスラーの1人」と期待を込めた。


レスリングも、キックも強いのはもちろんなんだけど、それだけじゃトップレスラーになれないわけで。
あのえぐい攻めに、フラフラになって場外転落するあの強烈な受けがあってこそだと思うわけで。
PRIDEには受けという概念はほとんどないわけで、攻めるだけ、攻めて圧勝してしまう川田というのもまた物足りない。
体の小さい川田がPRIDEで受け身の姿勢になるのもまた非常に危険。

プロレスのほうがおもしろくて、プロレス見てるわけだが、プロレスラー川田利明のレスラー人生最後の挑戦ということならば、それがたとえ、総合のリングでも応援しないわけがない。

ドームではたぶん、昔のなごりで三沢を応援してしまうと思うけど、
川田がんばれー!!


意外と、ハッスルキャプテン小川と合同練習なんかしたりして・・・。

| わたまん | デンジャラスK | comments(4) | trackbacks(0) |
プロレスも賭けをして楽しむ時代なのか?
現在、全日本プロレスでは、春の本場所、チャンピオンカーニバルが行われています。
後楽園ホールで行われた、開幕2連戦では、初日は小島対健介、2日目は川田対武藤という好カードが行われ、どちらも超満員だったらしい。
そりゃ、そうだ、三冠戦クラスだもの。

小島は初日に健介に負け、その健介は2日目にはバーナード(元WWEのAトレイン)に負け。川田対武藤は初日が30分ドロー。
非常に混戦でハイレベルな大会となっている。

4冠王者小島が勢いに乗って、優勝をかっさらうほど、このシリーズは甘くない。川田も去年、無念の欠場をした。それほど、シングル連戦は体にこたえる。ちなみ昨年は武藤がジャマールに勝って優勝。

三冠王者でCC優勝というのはなかなか難しい。
しかし、小島には決勝にでてほしいなあ・・・。


プロレスでこんなにいろいろと勝敗が一度に楽しめるシリーズもない。
これをなんと、賭けの対象にしたサイトがあるという。
おいおいと思ったが、なかなか楽しそうではないか。
なにしろお金かからないし。
これに参加して、会場にいったり、プロレス情報を得ると、より楽しめるのでは?

予想は≪eBet≫

ええぃ!川田に賭けちゃえ!
| わたまん | デンジャラスK | comments(0) | trackbacks(0) |
2005年はノアも全日も出し惜しみない・・・。
小島・川田組が武藤、佐々木組と激突

豪華カードが後楽園ホールで見れます。
新旧三冠王者組というのが、また新鮮でいい感じ。
これが、いままでだったら、武藤・小島対川田・健介というイメージで、小島が武藤の下にいる感が強いけど、小島のベルト奪取により、カードに幅がでました。
次期挑戦は社長の武藤が濃厚らしい。
ここで、また武藤がとったら、また神無月がよろこぶだけだし。

小島には武藤をも破って、新たな全日本像を作り出してほしいなあ。
ラリアット多発や、試合展開は好きじゃないんですが、自身がプロレスファンだったわけだし、夢であったチャンピオンになって、自分はこういうレスラーで、こういうプロレスをしていきたいというところでどんどん変えていってほしいところがあります。

外国人軍団に、元ドラゲー勢も加わって、全日本の陣容がいよいよ充実してます。
これでどんなストーリーをつむいでいくの、楽しみです。

ノアはシリーズ始まってますが、とくにおおきな動きなし。
武道館のカードはいいのがでそろっているので、ここらで、記事になるようなおおきな動きがあってもいいような。

| わたまん | デンジャラスK | comments(0) | trackbacks(0) |