俺の蔵 〜オレクラ日記〜

プロレスファン新時代宣言!
ノア、ドラゲー、全日本、熱いプロレスにはワケがある!
コメント、トラックバックどんどんください!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH The First Navigation ’06 1.22日本武道館大会
PRO-WRESTLING NOAH The First Navigation ’06 1.22日本武道館大会 (JUGEMレビュー »)

KENTA対丸藤はついにここまでの究極名勝負に。
ヘビー級による最高峰の戦いのブランドは四天王であったか、この二人の戦いはその領域にまで。
「ジュニアでもヘビーに負けない!」熱い戦いを見よ。
RECOMMEND
PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版
PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 7.18東京ドーム大会 全試合収録版 (JUGEMレビュー »)

あの空前絶後のノアドーム大会の二枚組DVDに。
セミファイナルの小橋対健介はDVDならではの「実況なし」モードで見て欲しい!
RECOMMEND
Does This Look Infected? [Bonus DVD]
Does This Look Infected? [Bonus DVD] (JUGEMレビュー »)
Sum 41
潮崎のテーマ「MY Direction」収録
RECOMMEND
Corazon Latino
Corazon Latino (JUGEMレビュー »)
David Bisbal
リッキー・マルビンのテーマ曲
「Ave Maria」収録
RECOMMEND
Kamikaze
Kamikaze (JUGEMレビュー »)
Twista
KENTAのテーマ曲「Art and Life」収録
RECOMMEND
A Passage in Time
A Passage in Time (JUGEMレビュー »)
Authority Zero
力皇のテーマ曲「Passage in Time」
PROFILE
SEARCH
<< ノア、秋の開幕戦〜タッグのシャッフル開始〜 | main | 田上と秋山が外敵と絡むワケ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
虎の仮面を脱いでいま、野生のチャレンジャーになる!!
G+で、録画してあった、プロレスクラシックを見た。

三沢光晴25周年特集と題して、デビューから三冠戴冠までの映像だった。
前半部分の鶴田との素顔に戻ってからの初シングルまでを拝聴。

まず、あたりまえだが、三沢が若い。
どこかの草っぱらでインタビューに応じている三沢(超世代時代)。
デビュー当時のことを振り返りながらインタビューに応じている。

タイガー時代は自分は新日本の佐山タイガーの印象がつよく、三沢タイガーは好きではなかった思い出があるが、結構バシバシ空中殺法を使うタイガーを見て、ちょっとすごかったのかもと再認識。

小林邦明と戦ったいたなんて、実はあまりしらなかったよ。
やはり虎は虎ハンターとやるといいね。
タイガースープレックス84やら85やらこの時から言ってたんだね。

7番勝負の対鶴田戦あたりから、虎の仮面ごしにのぞく、強烈な精神力が発せられていたのがわかる。
突如としてぶっこ抜かれたバックドロップに見事散ったタイガー。

そして、素顔になる試合も長い尺で放送。

試合中に突如なんども川田にマスクを取れと、要求するタイガー。
インタビューによると馬場さんにはなにも事前にマスクを脱ぎたいというような話もしていなかったそうな。

おいおい、そんなんでいきなり脱いで大丈夫かと思ったが、
当時の映像をみるとあまりに劇的なシーンに感動。
そして、タイガーがマスクを脱いだ直後からの大「三沢」コール!

全日本のファンは熱い!!
そしてけっこう、昔の三沢は熱かったのだなと実感。
鶴田には張り手やら、エルボーやらほんとにめいっぱい打っていて、挑発めいたこともするんだよね。

そして、最後の丸め込み!
川田、小橋に抱え上げられて号泣のシーンはなんどみてもこみ上げるものがある。

当時三沢は27歳。
そして、ジャンボは40くらいかな。

絶対的な壁に立ち向かっていった構図が、いままさに今週末にはみれるわけだ。

丸藤27歳、三沢も40オーバー。
丸藤が「ぎりぎり間に合った」と表現した強い三沢。

でもそれをのりこえようとする若者にファンは共感する。

三沢対鶴田は自分は世代的に、三沢側に立って一方的に肩入れすることができた。

そして今回の丸藤対三沢はあのときみたいに自分のなかで単純にどちらにも肩入れできない自分がいる。

強い三沢であってほしい。かっこいい三沢であってほしいという気持ちと、
自分とほぼ同世代の丸藤たちに大きな壁をぶち破ってほしいという気持ちと。

プロレス観戦歴を長く積み重ねてきたけど、長くみてるとこんなに複雑に、そして切ないような気持ちになるんですね。

三沢特集が「プロレスクラシック」になってしまうほど、時間はたったのだから。


| わたまん | NOAH | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://orekura.jugem.cc/trackback/168
鈴木みのるvs永田祐志の三冠試合決定
永田祐志と三冠へヴィー級王者、鈴木みのるのタイトルマッチが行われることがきまった。
| 鈴木みのる情報 鈴木みのる・風になれ | 2006/12/22 12:39 AM |